fc2ブログ

亜鉛合金の種類

帆型(丸)230812_インスタ用

亜鉛合金に関しまして、解説させて頂きます。

亜鉛御金を使ったバックル作りには、2通りの方法があります。

1つは金型を使った金型ダイキャストです。

弊社では、この手法は国内ではほとんど職人さんがいないことと、
コストの面の理由で海外生産をしております。
金型ダイキャストと後で紹介するゴム型キャストと比較しますと
金型ダイキャストの利点は、1個単価が安く、生地の密度が濃く、
メッキがきれいに上がるということです。
不利点は、ロット(最小生産量)が少し多めということと、
国内ゴム型より型代が高いということです。(国内金型と比べると断然安く上がります)

ゴムキャストには、2種類あります。

ゴム型キャストは、繊細な柄を出すのに適していて、比較的小ロットで生産できますが、1個単価は、現在は高く、仕上げも十分しないと、きれいに上がりません。

同じゴム型キャストにハイキャストと言い、スズの含量が多いものがあります。
これは、より繊細な線を出したいときに使いますが、単価も高く、やわらかいので、バックルとしては適しません。
しかし、厚みを出し、細やかな面を利用して、現在マルホーspではピューター
代わりに使うこともあります。

比較表55

次回は、バックルに戻りトップバックルの話をしていきたいと思います。

スポンサーサイト



プロフィール

第九のトム

Author:第九のトム
マルホーspブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
来客数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR