fc2ブログ

鍍金(メッキ)講座始めます。

バックルの表情を決める、鍍金(メッキ)講座始めます。


そろそろ鍍金の話が必要と思い、この項目を上げました。すべての金属製品につながりますので、参考にしてください。

これから、数回に分けて鍍金(弊社の製品で扱っているものが中心)の話をしていきたいと思います。

(鍍金の呼び方、やり方は鍍金屋さんにより多少違うことがありますので、ご注意下さい。)

バックルの鍍金には大きく分けてシルバー系、ゴールド系、黒ニッケル系の三種類があります。


帆型(丸)230812_インスタ用


今日はシルバー系についてお話したいと思います。

シルバー系には、ニッケルメッキや銀メッキが使われます


ニッケル(NI)   :シルバー系の中で最も多く使われる代表的鍍金
検対ニッケル   :検針器対応ニッケルで、ニッケルより白っぽい
ニッケルサティーナ:ニッケルに細かな筋目をつけたもの。
ニッケルトリポリ  :サティーナより繊細な淡い筋目をつけたもの
ニッケルケシ   :ニッケルを白く濁し艶をなくしています
ニッケルケシ塗装:ニッケルケシに透明塗装を施し光沢をだします(パールニッケルともいう)
ニッケルガラムキ:ニッケルのバックルと特殊な石を釜の中で回し、表面をたたき、
             こする事により、表情を変える。少しグレイ色になる。
シルバー(銀)厚付:シルバーを表面に付着させて、シルバーの輝きを生かす
銀古美ガラムキ :銀を付け、それの表面を変色させ、それをガラでむく。
              全体的には、薄グレイですが、石があたり難いところは、
             青グレイっぽくなります。
銀黒ガラムキ  :銀古美ガラムキとにているが、石があたり難いところは、
            黒っぽく残る。
古代銀(銀ドロ):銀を濁らせ、アンティークっぽさをだす。

お客様からシルバーと言われたら、ニッケルのことを言われていることが多いので
必ずニッケルですか?それとも銀ですか?と聞くようにしております。
今回はシルバー系の鍍金についてお話しました。
次回はゴールド系を予定しています。 ご期待ください。


スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

第九のトム

Author:第九のトム
マルホーspブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
来客数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR