fc2ブログ

鍍金講座第2弾

(仮撮)ピン1


今日は、ゴールド系について話していきたいと思います。

G塗装(ゴールド塗装):下処理をした生地の上に、銅、ニッケルをつけて、
                その上に、24金を溶かした鍍金槽で金を付け、    
                透明塗装をつける。
Gサティーナ(塗装付):ゴールドの時と同じ様に、ニッケルまでつけて、
                 そこでサティーナ加工をして、その上にゴールドを
                 つける。ゴールドは柔らかいので、ゴールドの上
                 からサティーナをかけると、取れてしまうからです。
Gケシ:            表面曇らせ艶をなくす。
Gケシ塗装:       Gケシに透明塗装をして、光沢を出し高級感を出す。
Gホーニング:      磨いた生地に砂を高圧で吹きかけ、梨地状態にして、
                 ゴールドと同じ処理をする。凹凸のついたケシ
Gガラムキ:        ニッケルガラムキの上にゴールドをのせたもの。
                古代金と言う場合もある。
*うす金(ライトゴールド)でも、ゴールドとまったくおなじ処理ができる。


帆型(金)230813_ブログ用


ゴールド系というと、これらのメッキもゴールド系と言えるんではないでしょうか。

アンティークゴールド(AG):真鍮鍍金を黒く変色させ、釜の中、
                   特殊な石で回転させながら、表面をむく。
                   弊社は大きく2段階の明るさで受注しています。
                   *通常AG  *明るいAG(ヨクムキ)

アンティークサティーナ:  AGにしてからサティーナをかける。
真鍮古美サティーナ:    真鍮鍍金を黒く変色させ、サティーナでむく。
                   (素材は真鍮、亜鉛ダイキャストに限る)
玉プラ:              真鍮素材を生かして、バレル、塗装する。
                   生地の汚れ具合で色の明るさが決まる。

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

第九のトム

Author:第九のトム
マルホーspブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
来客数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR