fc2ブログ

バックルの素材、解説いたします。

これまで当「バックルの辞典」では、ベルトとバックルの歴史から始まり、
帆型バックルの話、そこに付随するオメガ、サルカンの役割を語り、
中一バックルの説明をしました。
その後帆型バックル、中一バックルに共通するピンの解説をして、
バックルの化粧と言えるメッキの話へと進んできました。
形から表情と言えるメッキまで来ましたが、肝心な中身の説明、つまり素材、生地
の話が残っていました。

ではこれから素材の話をしていきたいと思います。

服飾関係の素材では大きく分けて、真鍮素材、亜鉛合金の2種類です。
随分前は鉄板、銅板、などもありましたが今はほとんど使いません。取り寄せの
最低ロット(量)が大きいことが使わなくなった一番の原因だと思います。
またアルミ、チタン、ステンレスなど限られたつかわれ方もあるかと思いますが、
弊社では扱っておりません。
また弊社では以前、ピューターというスズの合金で砂型で流すバックルもやっていましたが、今は職人さんもいなくなり、ほとんど同じ成分のハイキャストをゴム型で流して
代用として使うことがあります。

それでここでは、真鍮素材、亜鉛合金のバックルを細かく分けて説明したいと思います。


真鍮11

まず真鍮の板材、これは切ったり、抜いたりして、トップバックルとして使用します。

真鍮22

板材の厚さは色々ありますから、色々な表情を出せます。

真鍮444

真鍮には線材もあり、サルカンのところで紹介しましたが、サルカン、ピン、トップバックルのこの字なんかにも使用できます。

真鍮33

またドロドロに溶かした真鍮を砂型に流して作る真鍮鋳物というものもあります。
これは、バックル、ピン、サルカンなどに使えます。
板材、線材に比べて、こちらは柔らかい表情を出せるのが特徴であると言えます。
海外では、金型(ダイキャスト型)に流し込む手法もあるようですが、
砂型で流したような味はなかなか出せません。

亜鉛合金に関しましては、次回と致します。

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

第九のトム

Author:第九のトム
マルホーspブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
来客数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR